『2011年11月』の記事 メイン

 富山の理容室ヘアージュニアです
 
一年の中で最も抜け毛の多いこの季節、放置していた夏の紫外線によるダメージも拍車をかけ、ふと気づくと「なんだか心配になってきた」って方も多いと思います
 
毛先のダメージなどをトリートメントなどで補修していきつつ、今後伸びてくる毛髪を強く健やかなダメージに負けない髪にすることも重要です
 
畑の野菜や庭の草花に肥料が必要なように、髪にも肥料が必要
 
今回紹介するのは、「資生堂さん、本気やな~」って感じの(薬用育毛エッセンス)「アデノバイタル」です
 
このアデノバイタルに使われている(アデノシン)という成分が今回資生堂さんが自信満々に世に送り出した成分
 
この成分の働きは、
 
 
 毛乳頭に直接作用して、毛髪の成長に不可欠な「成長促進因子」を産生する。
 
 毛髪の成長期の延長
 
 血行促進
 
私が思うに、上記の(毛髪の成長期の延長)がすごく重要
 
なぜなら、髪は生まれてから抜けるまで5~6年という寿命があり、細い産毛から徐々に太く黒いしっかりした髪になってきます
 
加齢や内的ストレス、外的ストレスによってこの寿命が短くなると毛髪が細い状態で抜け落ちることになり、太い髪も少なくなり薄くなったように感じます
 
なので、毛髪をしっかりした太い髪になるまで育て、天寿を全うさせてあげることが大切
 
そのような意味でも、この資生堂さんの特許成分(アデノシン)は期待できそう
 
しかも、もう一つスゴイのが、(アデノシン)はもともと体内に存在する成分で、副作用がありません
 
なので使い続けることができます この続けることができることも発毛・育毛には大切で、
 
やはりどんなに優れたのもでもすぐには結果はでません、とくに毛髪に関しては「おっ!」っという効果を感じるためには少なくとも半年間は試す必要があります
 
この「アデノバイタル」、医薬部外品ですが、半年使用した場合の有効率は他社の医薬品より高いというデーターも出てます。(他社50%に対しアデノバイタル90%)
 
 
冬眠の季節になりますが、髪まで眠らせる必要はありません
髪の生命力を目覚めさせましょう
 
 
 

 

 

 富山の理容室ヘアージュニアです
 
「富山市メンタルヘルスサポート協力店」として、
 
富山大学附属病院 神経精神科 診療准教授 角田雅彦先生による「メンタルヘルス基礎知識」
 
臨床心理士 密田博子先生 による「相談の受け方と傾聴法、リラクゼーション法について」
 
上記の養成講習を受けてきました。
 
日本は自殺大国(国別ではワースト10位前後をウロウロ)であり、その日本の中で富山県は全国的にみても自殺率が高い県です。
しかも、自殺者の9割は医療機関を受診していません。
そのような背景のなか、メンタルヘルスサポーター(ゲートキーパー)の役割が重要視されるようになり、
お客様と直接ふれあい、話を聞くことができる理容師、美容師が役割を担うには最適ではないか、ということから始まったこころみです。
 
(ゲストキーパーの役割)
変化に気づいて、声をかける。
「傾聴」本人の気持ちを尊重し、耳をかたむける。
早めに専門家に相談するように促す。
寄り添いながら、じっくり見守る。
 
そもその、うつ病患者の3/4は医療機関を受診してなく。
受診したとしても9割が精神科・診療内科以外の一般診療を受診してます。
 
髪をカットしながら、何気ない会話で少しでも疲れを癒していただきたいと思います。
 
 
 
 富山の理容室ヘアージュニアです
 
11月20日 八尾カントリーにて第三回Hair Jr.ゴルフ大会を開催しました
 
ゴルフ日和とは決していえない、あいにくの天気でしたが20人の方が参加してくれました
 
雨の中でのプレーでみなさんのテンションが心配でしたが、ホールアウト後のみなさんの笑顔をみて安心
 
みなさんゴルフが好きなんですね~
 
ヘアージュニアのゴルフ大会はみんなに賞品を用意します
もちろん多くの方に賞品の提供をしていただきました
ありがとうございます
 
表彰式も大盛り上がり
 
今年の大会を制したのは経沢さんでした おめでとうございます
 
(ちなみに写真は素振りです、空振りではないですよ)
 富山の理容室ヘアージュニアです
今朝の富山新聞にヘアージュニアの紹介記事が掲載されています
是非ご覧下さい

1

カテゴリー

twitter


ブログ記事一覧

PR

ニューウェイジャパン

jr.日記

スタッフ募集