« 皮膚はなぜ弱酸性?? 皮膚ってスゴイ! | メイン | スキントラブルの種類と手入れ方法 ~ニキビ編~ »

スキンタイプとトラブルの見分け方

肌質の違いは、一般に普通肌(ノーマルスキン)、乾燥肌(ドライスキン)、脂性肌(オイリースキン)の3種類。

もちろん個人により常に一定しているわけではなく、気候、環境、年齢などによって変化します。

しかしスキンタイプは、乾燥しやすい素質、脂っぽくなりやすい素質は持っているものと考えて、そのときの状況によって判断します。

1)乾性の皮膚(水分、脂分が少ない)の特徴

  ・皮脂膜が少ないため、傷つき、かぶれやすい

  ・弾力性が失われ、小じわができやすくなる

  ・表面の皮脂が少ないため、うるおいがなくなっている

  ・頭にフケが多くなったり、唇の荒れが目立つ

  ・角質層の水分量が減ってくるため、表面がカサカサし、角片がはがれやすくなる

2)脂性の皮膚(皮脂膜が厚い)の特徴

  ・テカテカしている

  ・皮脂腺の働きが活発になり、毛孔が広がる

  ・皮脂膜が厚く、毛嚢内に皮脂がつまった状態

  ・小鼻の周りに皮脂が目立つ 

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://hairjr.com/mt/mt-tb.cgi/249

髪の雑学一覧

twitter


PR

ニューウェイジャパン

jr.日記

スタッフ募集