『ヘアカラー』の記事 メイン

reara0.jpg

サロンカラーの「レアラカラー」は圧倒的な仕上がりの質感の良さで発売から20年以上支持され続けています

 その質感の秘密はアルカリコントロール。必要以上にアルカリを使用しない・微酸性カラーとMIXすることで、髪への負担を最小限に抑えながら質感の良いカラーリングが実現します。

nondiamin2.jpg

肌のデリケートな方のためのヘアカラーです

「ジアミンによるかぶれ」、「肌の弱い人、不安がある人」にお薦めします

「アレルギーの原因物質の一つであるジアミンをつかわないヘアカラーは作れないか」を開発テーマに研究開発が始まり、数百種類の組み合わせの中から作り上げたのがノンジアミンヘルバです

この「香草カラー」とは、科学染料等と天然、もしくは天然由来成分を配合したパウダー染毛剤(厚生労働省認可医薬部外品)です

ケミカルへナにできて、香草カラーにできなことはありません

・ファッションカラー…黒髪を明るくして染色することが目的

・グレイヘアー用カラー剤…①黒髪の明度を上げることで白髪の明度差を少なくする
                    ②明度を上げた黒髪と白髪の明度差を近い仕上がりにする

そのため、ファッションカラーに比べ、明るくする力は低めですが、ブラウン味が多く含まれていたり
色味も濃く構成されているので染色力は強くなります
 

ジアミンを含んでいない染料だけを使ったカラーです

・カラーの染料からジアミンのないものだけを取り出し、数百種類の組み合わせの中から調合

・したがって、ジアミンによるかぶれや、危険性は「ゼロ」です

有害性をもっています

・自体がアレルギーを引き起こす原因になるだけでなく、酸化剤と混ぜたときにできる物質にも有害性があります

・すでにフィンランドでは1991年にPPDAの一般向け使用が禁止され、今多くの国ではジアミンの中の 一部使用禁止を伝えています

ヘアカラーの「核」として染料にふくまれるパラフェニレンジアミン(PPDA)等の事です

・ジアミンをつかうことで、少しの色素で濃く色をだすことができ、またいろんな色調を簡単に作れる

・有害なことがわかっていても、ジアミンを抜くことは考えられない
 

髪の雑学一覧

twitter


PR

ニューウェイジャパン

jr.日記

スタッフ募集