tel:076-439-5855【平日/土曜】am8:30-pm7:30【日/祝】am8:30-pm7:00
【定休日】 月曜・第3日曜

Jrブログ

ジュニアといったらキッズヘアー

2013.10.15

富山の理容室ヘアージュニアです
キッズのカットはヘアージュニアの大看板なんで、「ジュニアさんってほんとうに子供のお客さん多いよね~」ってみなさまに言っていただくとすごく嬉しかったりしています
今日も七五三をひかえた男の子
トラディッショナルに決めて七五三行ってこーい!

日本で唯一の染料を使うグレイカラー 暗くにごる色はもういらない!ロイヤル ペンタG ホームカラーでは不可能

2013.09.05

富山の理容室ヘアージュニアです
以前紹介した日本初の染料ピラゾールを使った圧巻の彩度を誇る「ペンタ
ついにこのペンタのグレイカラー(白髪のカバーも目的としたカラー)が登場します
ペンタのファッションカラー同様、かなりレベルの高い「彩度」「色持ち」「ツヤ」 を実現してます
いままでのグレイカラーは白髪を隠しつつ明るさ、彩度の高い色味をもとめると白髪が浮いて見えることが多く、
それを恐れて暗くにごった色を選択してきました
しかし、このペンタGはそれらの問題を解決
「自然でツヤやかな若々しい髪を手に入れたい」
という世代の期待にこたえる
高彩透色でグレイカバーという新しい基準です
彩度もさることながら、注目すべきは色持ち
それと
「美しい褪色」
従来のグレイカラーは
染料中の赤・青が抜けやすく、ある時期をさかいに急に白髪が浮き出し黄ぐすみが目立ちはじめます
このペンタGに使用されている染料ピラゾールは白髪に浸透し長く留まり、髪に自然になじむブラウン系のまま穏やかに褪色するという特徴があります。
これが
「染まり」 「色持ち」 「ツヤ」 「美しい褪色」
これ、ホームカラーでは不可能です

秋・冬 新色ヘアカラー ワインパープル系プラム&ワインレッド系カシス

2013.09.05

富山の理容室ヘアージュニアです
夏の猛暑も身を潜め、一雨ごとに秋の気配が近づいてきましたね。
そこで今回は「秋・冬」に向けたヘアカラー、新色の紹介です
すこしずつ厚く重くなってゆく服装に負けない色味と深みがポイント
秋色っていわれて浮かぶイメージがそのまま髪色になっちゃうような感じです
ラインアップは、ワインパープル系の「プラム」と、ワインレッド系の「カシス」
ちなみに写真はキンキン金髪に褪色した髪にワインパープル系のプラムをオン
チャラけたサマーからシックなオータムな雰囲気に大変身
夏のドサクサにほったらかしにされ、紫外線、汗、ですっかりキンキンになってる髪に
プルンっとまろやかな秋色をオンしましょう

新発想なブラウンカラー「ハホニコ リタ カラー」

2013.07.23

ヘアカラーも好評な富山の理容室ヘアージュニアです
こだわりの強い薬剤メーカー「ハホニコ」さんから、
きれいな色を表現してキラキラ光を反射する ブラウンベースのヘアカラー
と謳ったカラー剤が登場
こだわるメーカーさんが10年近い研究期間のすえ満を持しての発売です
パンフレットを開くと
「顔色が明るく元気に見えるカラー!」
「時間が経ってもずっとキレイ!」
「しみない」
「におわない」
「さびない」
「植物エキス」
「毛髪、頭皮にやさしい」
「(AIM)アクティブ インターフェイシャル モディファイヤー」
など響きの良い言葉が並んでいますが、
使ってみないとわからない、ってんで
早速テスト
イイっすね
実際このテストから
この記事を書いている今まで
1週間たっているんですが
色艶に変化がありません
明るいトーンで白髪をカバーしたいってお客様などには重宝しそう
試してみた結果、「あの方にも、この方にも」なんてお客様の顔が浮かぶ道具はイイ道具ですね

お客様には見えないその一手間が大切。パーマスタイル

2013.06.27

富山の理容室ヘアージュニアです
どんなことでも見えない一手間が結果を左右したりしますよね
料理なら、肉をやわらかくするためにヨーグルトにつけてみたり、たまねぎをあめ色になるまで丁寧にいためたり、大根の面をとったり、魚を焼くときに切れ目を入れたり
飲食店なら水一つとっても一手間によって「ここの水は美味しい」「ここの水は臭い」となります
実は理容室・美容室の仕事も同じなんですよ~
たとえば、このようにパーマをかける時でも、髪を水で濡らしただけでロッド(パーマの時グルグル巻きつける棒)を巻くよりも、「パーマ巻く時用のローション」を使った方が断然仕上がりが良くなります。
仕上がりが良いとは、最低限のダメージでイメージどおりのスタイルです
肉の話で言うとヨーグルトにあたりますね
ジュニアでは、アズテックさんの「アシッドミクシー アルファ ベースローション」を使っていますが、このようにイメージどおりに仕上げることができます
 スタイルを形成させるために狙ったカールをシッカリ出せるのはこの一手間のおかげだったりして
ジュニアでは他にも、ワインなどの渋み成分である「タンニン」なども途中でぶっかけたりしてます なぜタンニンがいいのか?と聞かれると困りますが、とにかくタンニンなだけに、いぶし銀な渋い仕事をしてくれます
 このようにヘアージュニアは一手間といわず、たくさんの手間をかけてお客様にスタイルで喜んでもらおうと思ってます  コストのことは考えない
1 2 3 4 5 6 7 8 11

お問い合わせ

tel:076-439-5855

平日・土曜: AM 8:30~PM 7:30 / 日・祝祭日: AM 8:30~PM 7:00
※毎週月曜、第3日曜定休

※ご予約はお電話でのみ受け付けております。