tel:076-439-5855【平日/土曜】am8:30-pm7:30【日/祝】am8:30-pm7:00
【定休日】 月曜・第3日曜

髪の雑学

こんな病気も化学物質の影響?

2008.09.26

科学物質のなかでも、有害とされているものが現在1500種類以上さらに増えてます

近年問題になっている原因不明の様々な病気が、化学物質の影響ではないかと疑われています

「皮膚トラブル」  ・主婦湿疹、頭皮のカユミやフケ、抜け毛
・皮下脂肪に蓄積した科学物質が原因の場合があります。
「アレルギー」  ・20代前半の9割がアレルギー予備軍。
・有害物質は「経皮吸収」され、アレルギーを促進します。
・アトピー性皮膚炎、花粉症、喘息、食物アレルギー、など。
「婦人病」  ・不妊症、早期閉経、子宮内膜症・子宮筋腫などの子宮の病気の一因になるとも。
・特にシャンプーやリンスに含まれる化学物質が体内で環境ホルモンとして残留して影響を及ぼしているようです。
「がん」 ・日用品に含まれる化学物質は脂溶性のものが多く、皮膚細胞や乳房、子宮などの脂肪に蓄積され、発ガンの原因になります。
「脳の病気」  ・脳の60%は脂肪でできており、アルツハイマー病、若年性認知症、パーキンソン病、うつ病などとの関連が疑われてます。
・母体を通して胎児や乳幼児の脳に影響する危険性も高く、自閉症、学習障害、多動症、適応障害などの原因となっている可能性も指摘されています。

一覧に戻る

お問い合わせ

tel:076-439-5855

平日・土曜: AM 8:30~PM 7:30 / 日・祝祭日: AM 8:30~PM 7:00
※毎週月曜、第3日曜定休

※ご予約はお電話でのみ受け付けております。