tel:076-439-5855【平日/土曜】am8:30-pm7:30【日/祝】am8:30-pm7:00
【定休日】 月曜・第3日曜

髪の雑学

スキントラブルの種類と手入れ方法 ~ニキビ編~

2012.10.18

ニキビとは、皮脂が分泌される際、何らかの原因により毛孔が閉鎖され、そこに皮脂がたまってさらに細菌分解物によって炎症を起こしている状態をいいます。

ニキビの第一の原因は皮脂分泌過剰で、性ホルモンと大きく関与しており、特に男性ホルモンは皮脂分泌を促進させる作用があります。

【内的要因】

・ストレス

緊張したり、ストレスを持つと皮脂腺の働きが活発になります。

・ビタミンB2・B6の欠乏

ビタミンB2・B6には皮脂分泌を抑制する働きがあります。

糖代謝異常

糖類や脂肪を極端に多く食べ過ぎると、糖分の吸収・排泄機能がオーバーワークとなり、皮脂分泌過剰の原因となります。

・胃腸障害

消化機能が減退すると、摂取した栄養の有効利用や吸収が妨げられ、ニキビに限らず様々な肌トラブルの原因になります。

・肝臓障害

肝臓は体内の毒素を無害にする働き(解毒作用)があり、この機能が低下すると、ニキビ以外にもシミの原因になります。

・便秘

腸内に長く便が停滞していると、便の有害物質が吸収され、血液を通じて皮膚に作用します。

・副腎皮質ホルモン剤の連用

皮脂分泌が促進されます。

・性ホルモンのアンバランス

皮脂分泌を促進させるアンドロゲン(男性ホルモン)と、逆に抑制されるエストロゲン(女性ホルモン)の調整がアンバランスだと、正常な皮脂分泌ができません。

・不摂生

栄養バランスのない食事、不規則の睡眠時間、徹夜、飲酒、タバコ等、「健康をまったく考えない生活」は、ニキビの原因だけでなく、美しい肌そのものに危機を与えます。

【外的要因】

・外界の汚れ

目に見えない小さなチリ、ホコリが皮膚表面に付着し、毛孔を封鎖させます。

・洗顔不足

皮膚表面の汚れ、分泌された汗や皮脂等をそのままにしておくと、毛孔の封鎖や炎症・細菌繁殖の原因となります。

・不潔な手で触れる

手に付着したチリ、ホコリ、汚れ、あるいは細菌や病原菌がニキビの原因となります。

【アドバイス】

・洗浄による皮脂と角質の除去・殺菌・消毒

・皮脂のコントロール

充分な睡眠とバランスの良い食事、精神的なストレスを蓄積させない。

ビタミンB2・B6を摂取し、皮脂分泌を抑制させる。

・清潔第一

身の周りのものを常に清潔に保つ。シーツや枕カバー、ファンデーションのパフなど、直接皮膚に触れるものはこまめに洗濯する。

とても大切なシャンプー選び

2010.10.20

富山の理容室 ヘアージュニアです

今回は毎日使うシャンプーを選ぶときに気をつけてほしいこと

毎日使うものだからこそ頭皮や髪のトラブルの原因になっているケースが大変多いです、また今は大丈夫でも将来、髪や頭皮に影響を及ぼす可能性も高いです

でも逆に、良質な製品を使えばそれらのトラブルを防ぐこともできます

ヘアージュニアが店で使用するシャンプーを選ぶときに、何をもっとも重視するかというと、「強すぎないシャンプー」かどうかです。

頭皮や髪は頭皮や髪にとって必要な分の油分で常に覆われています、強力すぎるシャンプーはそれらもすべて取り去ってしまいます、それによって皮膚のオイルバランスが崩れてしまいます

頭皮のトラブル(フケ、かゆみ、湿疹など)の原因はこのためだとおもいます。 さらに髪の表面のキューティクルを壊し、髪の中身(たんぱく質)を変性させてしまいます。結果、艶がなくパサついたり、くせ毛、薄毛の原因にもなります

 

「皮脂・汚れを適度に落とす」ことがシャンプーの役目

では、何がシャンプーの良し悪しを左右するのか??

ここが重要 ジュニアではシャンプーメーカーさんから新製品を紹介されたとき、それでしか判断しません。

何かというと、シャンプーの主成分であり、頭皮や毛髪の汚れを落とすための洗浄成分、「界面活性剤」です。

この界面活性剤、主成分というだけあってシャンプーの成分のうち30~40%を占めます。 水が50~70%なので、水と界面活性剤で成分の80~90%です。

この割合をみても界面活性剤(洗浄成分)がシャンプーの品質、性格を左右します

といっても界面活性剤にもいろいろな種類があるし、成分表示をみてもカタカナがズラァ~っと並んでいていてどれがどれだかわかりませんよね。そこで成分の見つけ方。

実は、シャンプー容器の成分表示の掲載順は多く含まれている順に並んでいます、水が一番多いのでまず(水)と書いてあって、そのあとに書いてあるのがそのシャンプーの主成分になっている「界面活性剤」です。

下の表でチェックすると、ドラッグストアなどで販売されているシャンプーのほとんどが高級アルコール系の活性剤を使ってます

定価を考えると安い材料を使わざるえないのはわかるのですが・・・、でも頭皮や毛髪、将来の薄毛のことを考えると・・・、ちょっと使う気にはなれませんね

しかも注意が必要なのが、市販品のみならず、理、美容室で取り扱っているシャンプーでも高級アルコール系の活性剤をつかった製品が山ほどあることです。

実際、最近でも某大手メーカーさんからオーガニック系をうたったシャンプーが登場したというので実際取り寄せてみると思いっきり「ラウレス硫酸アンモニウム」の文字が・・、ショックでした。 ジュニアでは店頭に並ぶことはないでしょう

このように美容室で買ったからといって安心はできないのです。無頓着なサロンが多いですよ。

特徴 洗浄力 頭皮へのやさしさ カラーの色持ち 代表的な成分例 メリット

デメリット

高級アルコール系シャンプー 洗浄力が強く、あわ立ちもいいが、皮膚への刺激性や毛髪への刺激が強い。

原料が安いため、安い価格で販売されている。

市販品に多くみられる。

× × ラウレス硫酸ナトリウム

ラウレス硫酸アンモニウム

ラウリル硫酸Na

ラウリル硫酸TEA

など

安く販売されているので、購入しやすい。

刺激が強いため、髪や皮膚にトラブルが起きるケースがある。

石鹸系シャンプー さっぱりとした洗いあがり、高生分解性。

使用する水により大きく仕上がりが異なる。

× 石ケン素地

カリ石ケン素地

ラウレス-4酢酸Na

など

油分、汚れをすっきりと除去できる。

成分が髪や皮膚に残ると、ガサツキ・ゴワツキ・パーマ、カラーのムラ、手荒れの原因となるケースがある。

コンディショニング効果は少なく、傷んだ髪には不向き。

アミノ酸系シャンプー 必要以上に皮脂を奪わず、汚れだけを取り除く。

皮膚、毛髪に対して優しい低刺激性。

ココイルグルタミン酸Na

ココイルメチルタウリンNa

ヤシ油脂肪酸メチルタウリンNa

ラウロイルメチルアラニンNa

など

洗浄力が穏やかで、コンディショニング性が高い。

傷んだ髪、カラー毛に適している。

頭皮に吸着しやすいため、すすぎが甘いと稀にかゆくなることがある。

 

ヘアージュニアで使用していてお客様にもおススメするのはアミノ酸系の活性剤を使っているシャンプーです

やはり頭皮のトラブルのあるお客様に市販のものから替えていただくと改善されます。なにより自分たちが毎日お客様のシャンプーをしていても手荒れがありません。カラーの色持ちも全然違いますよ

アミノ酸系の活性剤は高級アルコール系の活性剤と比べて原料費が高価なせいで、製品の値段も高くなりますが、リスクを考えるとやはり良いものを使ったほうがいいと思います。ヘアージュニアでは良いのは当たり前で、かつお客様がお求めやすい価格のものを常に探しています。(若干、業者さんやメーカーさんにウザがられてますw)

皆さんも、いつまでも健康な髪と頭皮を保つために毎日つかうシャンプー選びの参考に

 

 

円形脱毛症に診療指針

2010.08.22

日本皮膚科学会が円形脱毛症の診療指針をまとめた。 軽症なら八割は一年以内になら一年治るが、全身の毛が抜けることもあり、精神的ダメージが大きい病気と認定。 ステロイド注射は勧める一方、漢方薬、精神安定薬、鍼灸には否定的な評価。 円形脱毛症は、病原体から体を守る免疫の仕組みが、毛をつくる細胞を「異物」と認識して攻撃し、毛が抜ける病気。アレルギーや遺伝が原因と考えられ、ストレスとの関連がはっきりしていない。 *ステロイド注射や局所免疫療法=勧められる *リアップ、ステロイド経口薬、紫外線療法=行なっても良いが十分な根拠がない *漢方薬、精神安定薬、催眠療法=行なわないほうがよい *免疫細胞の働きを抑える分子標的治療、鍼灸=行うべきでない 、とした。 ステロイド注射やステロイド経口薬、紫外線療法については安全性が確認できていないので15才以下にはすすめていない。

乾燥肌に悩む方のために、乾燥肌の解決方法!

2010.02.19

洗顔方法

・肌に優しい洗顔剤を選ぶことが乾燥肌対策の第一歩

洗顔料を肌にのせる順番は、鼻→オデコ→アゴと皮脂の分泌が一番多いところから 皮脂の少ない目元や頬などは後に泡をつけたほうが乾燥によるシワやくすみを防止できます。

・洗顔時に顔をこするのは絶対ダメ

泡を顔に乗せていくだけで汚れは落ちます。

なでるような感じで。

 ・洗顔時に使う湯は30℃程度のぬるいもので。(熱いと必要な皮脂まで取れちゃいます)

・すすぎは念入りに

20回ぐらいは洗い流してください。(生え際、アゴは残りやすいので注意!)

水気を拭く時もこすらないで。

お手入れ方法

・乾燥肌は、ほうっておくと乾燥性敏感肌になり、肌荒れや老け顔の原因になります。乾燥性敏感肌になるとバリア機能が弱まり、皮膚トラブルを引き起こします。

乾燥性敏感肌のお手入れには、セラミドやコラーゲンが有効です

☆セラミドとは角質細胞間脂質のことで、細胞と細胞をセメントのように接着させる働きがあり、肌のバリア機能を担っている肌成分です。 老け顔防止に有効です

・次に肌には水分をたっぷり与えましょう水分たっぷり肌になるためにお肌の保水力を強化しましょう

保水力を高めるには、ヒアルロン酸やコラーゲンが有効

ヒアルロン酸は6000倍の保水力を持つ脅威の成分 肌の水分を逃しません。

コラーゲンは天然保湿因子を高めます

 保水力が高まることで乾燥肌対策になり、肌のターンオーバーが促進されてキレイなお肌になれるのです

原液でお肌元気! ヒアルロン酸

2010.02.05

富山市の理容室ヘアージュニアの原液通信ですw
肌にはたっぷりの水分が必要です
水分をたっぷり含んだお肌になるためには、肌の保水力を強化する必要があります
保水力を高めるには、ヒアルロン酸やコラーゲンが有効です
そこで今回はヒアルロン酸について・・

ヒアルロン酸は自重の6000倍の保水力をもつ脅威の成分

肌の表面に絡みつき、肌の水分を保つと同時に外気もシャットアウト (水のバリア=モイストヒーリング効果

成分由来は小麦、乳酸菌、ブドウ糖

ヒアルロン酸は老化すると体内から不足し、肌が固くなります

毎日使うことで期待できる効果は、保湿・保水・皮膜効果

顔のほかにも髪・地肌・ひじ・かかとなどにもオススメです。

毎日使ってお肌に潤いを与えましょう。

1 2 3 4 5 6 11

お問い合わせ

tel:076-439-5855

平日・土曜: AM 8:30~PM 7:30 / 日・祝祭日: AM 8:30~PM 7:00
※毎週月曜、第3日曜定休

※ご予約はお電話でのみ受け付けております。